QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

3人目:あさぬま

続く参加者はあさぬま。前回の偉人×カクテル選手権ではスマートな偉人の表現と優れた味を両立して優勝を獲得しただけに、今回の出来にも期待が集まります。

▲さっそく大量の材料が並ぶ

今回はグラスを4つ用意しているんですが、それに合わせて4種類作っていこうかなと思います。
4種類で、一人の偉人?
そう、4つで一人です。まずベースに使うのは、ウィスキーです。これにそれぞれ違うドリンクを混ぜてシェイクしていきます。

▲シェイクも慣れたもの……?

よく見たら、野菜ジュースとかフルーツとか、そういう種類のものが多いね。
「野菜一日これ一本」、大学生のときに毎日飲んでたわ。
私これ飲んだことないんですよね。
もう味の保証がなくなった。これ、色が重要なんですか?
色というより、何が入っているかが大事ですね。

▲あさぬま「これは飲んだことあります」

でも、見た目もどれも綺麗だな。おいしそう。
香りも今のところいいね。

更に、それぞれに仕上げとしてトッピングを加えていきます。オレンジ洋梨さくらんぼ……。そして最後に、こちらにはお花をーー

シャキン!

ファサ……

やってるな。
斬新過ぎる。でもこれ、どんな偉人がわからないな?
僕わかったかも。もしかしてこれアルチンボルドじゃない? 野菜とか果物を使ってるところでもしやと思ったんだよね。
さすが、正解です。
誰?
イタリア、ミラノ生まれの画家です。今回イメージしたのは、彼の代表作の『四季』です。春、夏、秋、冬のそれぞれをイメージした絵があるんですよね。

アルチンボルド:イタリアの画家。野菜、果物、魚、動物などを組み合わせて描く人物画を得意とし、ウィーン、プラハで宮廷画家として長く活躍した。


▲用意も周到

見てもらうとわかるんですが、彼の最も大きな特徴であるのが、人物画を描くのに野菜や果物のモチーフを使っているところなんですよね。だから今回は、「それぞれの絵に描かれている野菜や果物」を使ってカクテルを作ってみました。

▲アルチンボルド『四季』

これは凄いな。

あさぬまの偉人カクテル

それじゃあどんどん飲んでいきましょうか。
4杯あるしね。

試飲

4杯用意するというトリッキーな技こそ披露しましたが、前回優勝者の評判を裏切らず堅実な仕上がりを見せてきました。こちらは、味の方も期待できそうです。

一人一杯飲もうぜ。ジャンケンな。

▲持っている男、須貝が勝利

じゃあ俺は「夏」ね。いただきます。

▲「やりおるなこのカクテル」

フルーツの味もしておいしいけど、後から結構アルコールが来るな。
あ、おいしい。でも結構スタンダードなおいしさかも。

▲「ねぇ飲みにくいよこれ」

飲みにくいけど、おいしいよこれ。ウィスキーベースだけど、すんなりした口当たりだね。

▲「ちゃんとおいしい」

またおいしいの作っちゃった。私天才かもしれん。お酒のいやらしさがないですね。

堅実過ぎるが故に突き抜けきれなかったことは気になりますが、味・再現度・プレゼン力の全てにおいて高評価です。前回優勝者の面目躍如、といったところでしょうか。

ウィスキーをベースにしたのにも実は理由があるんです。ウィスキーって、大麦からできているお酒じゃないですか。ちょっと『夏』を見てください。

▲アルチンボルド『四季』より『夏』

まさか麦が描かれているとか?
そう。ビールとも迷ったんですが、味の相性も考えてウィスキーを選びました。
これがお手本です。

次ページ:ドクター須貝、爆走。

3
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

志賀玲太

志賀玲太です。東京藝術大学美術学部芸術学科を卒業。なんだかよくわからない記事を書きます。大概のことは好きです。

志賀玲太の記事一覧へ