QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

パリはどのようにファッションの中心地になったの?

では、どうしてパリで行われるファッションショーは特別なのでしょうか? その理由を探るため、まずはフランスとファッションの歴史を見てみましょう。

歴史はルイ14世から

ファッションの都としてのパリの歴史は17世紀中頃、ルイ14世の統治時代にまで遡ります。

彼の即位以前、西洋のファッションの中心地はスペインでした。当時のスペインは新大陸から富を得て黄金の世紀を築いており、ファッションにも植民地からの獲得品を用いていました。その代表例が、メキシコ原産のアカミノキという植物を使った黒色の染料です。この高級な染料による黒を基調としたスペインのファッションが、富の象徴として国内外の流行を牽引していました。

一方ルイ14世は、そうした黒く男性的なスペインのファッションに対抗し、色彩豊かで豪華絢爛なスタイルを好みます。

ルイ14世

ファッションには、洋服の物質的な価値にとどまらず、人々の社会的地位や職業、信仰や性格など、様々な意味を含んだ「象徴的」なものとしての機能があります。

ルイ14世はこうした象徴としてのファッションの価値を十分に理解し、国家と王室の威信を示すために利用していました。彼に仕えた財務総監ジャン=バティスト・コルベールが「フランスにとってのファッションとは、スペインにとってのペルー鉱山のようなものである」との言葉を残していますが、華やかなファッションはフランスの国力の象徴だったのです。

宮殿をパリからヴェルサイユへと移したルイ14世は、宮廷内のドレスコードや作法について、細かな規定を設けました。またファッション以外にも音楽、舞台、料理、造園など様々な文化が開花し、ヴェルサイユ宮殿はフランス文化のショーケースとなります。こうしたフランスのスタイルを、スペインを除くヨーロッパ中の王室が真似たことで、フランスは西洋のファッションの中心へと躍り出ました。

市民のファッションにも変化が

また同時期には、国を挙げた服飾産業の活性化により、市民のファッションにも変革が起こったといわれています。それまでの法令では、ドレス職人になれるのは男性に限られていましたが、1675年には女性も職人になることを認められます。またファッションの商人として働き始める女性(marchande de modes)も増え、彼女たちは優れたセンスを活かしてリボン、レース、手袋、香水などのアイテムを仕入れては、上流階級の女性たちに販売しました。

17世紀の終わりには、貴族や裕福なブルジョワジー、外国人がショッピングに訪れ、パリはファッションの街として名を馳せることになります。

帽子やレースなどの装飾品が重要だった当時のファッションにおいては、marchande de modesはドレス職人以上に影響力があったといわれている。

現代のファッションにはどうつながっていくの?(2/3)

2

この記事を書いた人

朱野

ロンドン芸術大学での修士課程を終え、Master of Artsになりました。日本ではまだ馴染みの薄いファッションの学術研究の面白さを、みなさんとシェアできれば嬉しいです。ちなみにロンドンにも美味しい食べ物たくさんあります。

朱野の記事一覧へ