QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
日本調剤
PR

QuizKnockのYouTubeチャンネルが誕生して早6年。伊沢拓司と当時は画面外で出演していたふくらPの2人から始まり、さまざまな企画に挑戦するなかでたくさんのメンバーが仲間入りしました。

この記事では動画出演メンバーのうち、10人の「初登場動画」をまとめ、各メンバーに当時を振り返ってもらいました! リアルタイムで観ていた人もまだ観たことがない人も、ぜひ楽しんでご覧ください。

目次

伊沢拓司:QuizKnockの動画は「誤答」から始まった

2017年4月16日に公開された、記念すべきQuizKnockチャンネル1本目の動画。モノクロになったキャラクターや企業ロゴの、指定された部分の色を当てるクイズでした。

最初の問題は「カービィの足は何色?」。伊沢は間違えてしまいましたが……あなたは正しい色がわかりますか?

僕は撮ったときのことをもはやあまり覚えてないんですが、未だにお会いしたファンの方からよく「カービィの足の色は何色?」というクイズを出されます。

1本目の動画がそれだけ覚えてもらえているというのは幸せなことですね。誤答がコンテンツになるくらいたくさんの正解を積んでいきたいものです。

河村拓哉:伊沢とのタイマン勝負!

超簡単なクイズを超高速の早押しで対決するタイマン企画、「東大主」。「東大生クイズ王」の称号をほしいままにする伊沢の前に立ちはだかったのは、この動画で初登場した「銀河系最強」こと河村拓哉でした。最強頭脳のぶつかり合い、果たして東大主の称号を手にするのはどっち?

今ほどの注目をいただけると当時思っておらず、結果かなり軽い気持ちで初登場しています。今とあんまり変わらないですね

「YouTube撮るから来て」と言われたことを(あやふやに)記憶していますが、YouTuberというものをまだ知らなかった気もします。

須貝駿貴:初登場から「ナイスガイの須貝でーす!」

初登場にして完璧な「ナイスガイの須貝でーす!」の挨拶を決めた須貝駿貴。初参加の企画は、QuizKnockおなじみの人気企画「朝からそれ正解!」でした。当時のオフィスで3人が、お題に合った答えをそれぞれ考え、議論の末に「正解」を決めます。

須貝が思う「あ」で始まる東大生あるあるとは、一体何だったのでしょうか?

QuizKnockで仕事をすることに決まってから1週間で収録、数日後に公開でした。今ではそんなスピードで出るのはノーベル賞速報くらいです。

「あ」で始まる東大生あるある、1〜2年生のときに必ず経験するので、知り合いの東大生・東大卒に言ってみてください。彼らはあなたを仲間として受け入れてくれることでしょう

山本祥彰&こうちゃん:初回は「朝それ」

山本祥彰とこうちゃんの初登場回は、いずれも「東大生10人で朝からそれ正解!」。今でも「朝それ」ではたびたび正解を出し、優等生的存在となっている山本。初参加の最初の1問でも、周りを圧倒する正解を出していました。山本が考える「し」で始まるはやいものとは?

一方のこうちゃんは「朝それ」を苦手とするメンバーの筆頭ですが、なんと初登場の回では単独で正解を出しているんです! 今では珍しい(?)、こうちゃんの活躍をご覧ください。

この頃の「朝それ」は本気を出しすぎていましたね! 今では全体の雰囲気を見て力を「セーブ」しています! きっとね……。

昔の動画を観てみると、今と同じだったり違ったりする点が見つかって面白いかもです! これからもよろしくお願いします!
ふくらさんにLINEで誘われて「おもしろそう」と参加したのが、ここまで大きくなるとは思っていませんでしたね。最初は知り合いも多くなかったのでかなり緊張していましたが、今となってはそれも思い出のひとつです。

この頃は優等生キャラだったけど、最近はあんまり活躍できていないな……やっぱり、お題、どんどん難しくなってない?

次ページ:ふくらPが顔出しした理由は「〇〇だったから」!? 初登場動画を振り返る

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ