QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
味の素㈱×QuizKnock 高校生・大学生向けクイズ大会開催決定!
PR

QuizKnockのYouTubeチャンネルの名場面を振り返る企画「QuizKnock名場面集」。これまで公開された動画のなかで、おすすめのシーンを紹介していきます。

ずっと応援してくださっている方は当時を思い出しながら、最近QuizKnockを知った方はぜひこの機会にご覧ください。

見当もつかないので

いったんスロットにするわ

このシーンが生まれたのは、2022年11月26日に公開された動画「King Gnu 〜意味不明スペル知識No.1決定戦〜」。「King Gnu」の「Gnu(ヌー)」のように「発音からスペルが想像しづらい英単語」を、ふくらP、こうちゃん、乾の3人が、とむの発音から予想してスペルを当てていきます。

5問目は「実務知識」などの意味がある「サヴィー」という英単語。5問目ともなると出題されるスペルの不思議さに気づいてきたのか、3人は各自少しずつひねったスペルを綴っていきます。中でも、乾はthaの綴りで「サ」と発音するのではないかという大胆な予想を立てます。

▲1周目の解答はこちら

残念ながら1周目では不正解。しかし、とむから「すごく惜しい組み合わせがある、それぞれを組み合わせたら良さそう」というヒントをもらいます。

「組み合わせを変える」という発想から、妙案を思いついたのは乾です。「いったんスロットにするわ」と一言つぶやいた乾は、その場で独自の「サヴィースロット」を作成。スペルを4つのパートに分け、先ほどの3人の答えの要素を書き出し、この中に答えがあると考えたのです

▲乾式スペルスロット、誕生

しかし、スロットを開発したところまでは良かったものの、このスロットで正解する可能性は(thかs)、(aかu)、(bかvかvv)、(iかiiかy)で2×2×3×3の36通り。そのことに気づいた乾は「30以上は無理だよお」と、この問題の難度を再確認することに。

そして2周目の解答。ふくらPとこうちゃんの解答は「savvy」と「savvi」で、2人の間でこの問題のポイントが共有されていそうな一方、スロットを開発した乾本人の解答はというと……何と「thaby」。スロットのなかでも「なさそう」な選択に、2人に「大穴の1着狙いしてる」「36分の1のなかで一番ない」と言われる始末。

▲思わずのけぞるふくらP

結局、ふくらPが解答した「savvy」が正解に。乾の、スロットにすることを思いついた頭のやわらかさと、それでも珍回答を生み出してしまった「乾らしさ」が両方現れたシーンとなりました。

このスロット、実際に高校時代に英語の先生がやってたんですよね〜。「この部分がこの単語だったらどういう意味になるか?」みたいな感じです。

とはいえ文字レベルでスロットにしたことはなかったので、ここで引っ張り出せたのは名案でしたね

▲あの名シーンから再生されます


次回の「QuizKnock名場面集」もお楽しみに!

【おすすめ名場面】

【あわせて読みたい】

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ