QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

百獣の王」の称号をほしいままにするライオン

オスは威厳あるたてがみをたくわえ、複数頭のメスとの群れ・ハーレムを作って生活します。その重厚な唸り声やたたずまいは、動物園やサファリパークでもひときわ存在感を放っています。

ライオンはいかにも「王」という風貌。しかし、同時にこう思います。「それは人間の色眼鏡じゃないか?」と。

どうも、オオカミ系ライターの永岡です。ということで、今回は私がきわめて客観的な指標で「真の百獣の王」を考えてみることにしました。

じゃあ、真の「百獣の王」は誰なのか

自然界における「強さ」の指標は様々といえども、肉食獣にとっての生業なりわいといえば「狩り」です。この狩りの腕前こそ、真の「王」の必要条件なのではないでしょうか。

獰猛なイメージのあるライオンやトラを上回る、驚異の狩り成功率85%を誇るのがリカオン! リカオンこそ私が「百獣の王」にふさわしいと考える獣です。

▲ライオンは意外にも3割を切っている。トラに至っては食生活が心配になるくらいの低さ

いや初めて聞いたわ!」という方、ご安心ください。動物園でリカオンを見た人の大半は最初に「ハイエナだ!」と言ってます。確かにちょっと似ていますが、リカオンはイヌ科、ハイエナはハイエナ科でどちらかというとネコ科に近いです。

▲左がリカオンで右がシマハイエナ(画像提供:富士サファリパーク

狩りの成功率の高さから「サバンナ最強のハンター」と称されるリカオンですが、その強さには「他の獣と一線を画すスペック」と「ホワイト企業のような社会性」という秘訣があります。知られざるリカオンの秘密について、ご紹介していきます。

次ページ:「最強ハンター」の秘密に迫る! まるで「ホワイト企業」なリカオンの生態とは?

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

永岡 優

ジャンル「オオカミ」で「超逆境クイズバトル!!99人の壁」に出演するなど。神戸大学大学院の修士1回生で、情報系の研究しています。日常に溢れる教養を楽しい切り口でお届けします。

永岡 優の記事一覧へ