QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
日本調剤
PR

QuizKnockのYouTubeチャンネルでは、メンバーがさまざまなクイズやお題で対決してきました。しかし、Webメディア・QuizKnockでしか見られない「名(迷)勝負」もあります!

今回はメンバーによる「対決企画」の記事を4本ご紹介。ぜひその勝負の行く末を見届けてください。

高学歴が「偉人」をテーマにカクテルを作ったら?

QuizKnockのライターたちが、その頭脳を結集して「カクテル」を作る人気企画。それぞれが尊敬する偉人をイメージして作るカクテルは、豆知識もアルコール度数もたっぷり。最終プレゼンターの河村拓哉の荒ぶるシェイクにもご注目ください。

あまりの人気ぶりに第2回も開催されています。こちらでは須貝駿貴が大暴れ!

ライターが仕込んだ「偽の文章」を見分けられるか?

『走れメロス』や『羅生門』など、誰もが知っている名作文学にライターたちが考えた「偽の文章」を紛れ込ませました。こうちゃんと山本祥彰が「偽の文章」だと思うものを指摘し合う対決形式。こうちゃんの記憶力と、山本の推理力がぶつかり合い見応えのある勝負になっています。漢字王の「読めねぇよ!」が見れるのはここだけ。

「本当に怖いまんじゅう」を決めろ!

落語の演目『まんじゅうこわい』にインスパイアされて生まれた「本当に怖いまんじゅう」選手権。河村拓哉、志賀玲太、シャカ夫の3人が「異次元の怖さ」をそれぞれのまんじゅうに詰め込みました。見事、優勝に輝いたまんじゅうは……えっ、そんなことってあるの?

「英語限界しりとりプラス」で伊沢と鶴崎が対決

QuizKnock発のゲーム「限界しりとり」を英語に拡張したルールで、伊沢拓司と鶴崎修功が対決! コマンドとして『速読英単語』を使えるなど、戦略性も問われます。ふだんから英語の論文を読んでいる鶴崎と、英語のサッカー誌を読んでいる伊沢、軍配はどちらに上がる!?

今後はどんな対決が観られるでしょうか? お楽しみに!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ