QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
JCPA農薬工業会
PR

こんにちは~! 本日もQuizKnockのディズニー記事へようこそ~!

ディズニー大好き、ライターの胡桃です。

皆さんがディズニーシーで一番好きなアトラクションは何ですか?

人気のアトラクションはいろいろありますが、ほぼ常に最長の待ち時間を誇っているのは、今年の7月23日でオープン4周年を迎えるこちらのアトラクションではないでしょうか!

そう、

ソアリン:ファンタスティック・フライト

です!

楽しいですよね~! 私も大好きです!

オープンからずっと私たちゲストを魅了し続けているソアリン。でも、「アトラクションが楽しい!」というだけで終わっていませんか?

ソアリンには、深いBGS(バックグラウンドストーリー)や、パーク内の他の施設とのつながりがたくさんあります。

今回は、クイズと解説を混ぜながら、ソアリンの秘密に迫っていきます! 

さぁ、ソアリンにやってきました! 中に入らずともここにいるだけでテンション爆上がりですね! 実はこちらの建物、博物館なんですよ。では、ここで最初の1問!

ソアリンのキーパーソンといえば、チェッリーノ・ファルコの娘にしてファンタスティック・フライト・ミュージアムの2代目館長カメリア・ファルコです。

▲カメリアの右手に乗っているのは、彼女の相棒であるハヤブサの「アレッタ」

ソアリンに乗ったことがある人なら、この方に見覚えがある人も多いのでは……? カメリアは、人類の飛行を夢見て、空飛ぶ乗り物ドリームフライヤーを開発しました。ではここで1問。

ファンタスティック・フライト・ミュージアムの設立についても背景となる物語があります。ここで少し、その経緯をお話します。

このミュージアムを運営しているのは、S.E.A.(Society of Explorers and Adventurers)という、航海技術の発展と、継続的な海洋探検を活動目的とする架空の団体です。この団体には数多くの探検家や冒険家、発明家、芸術家が所属しています。

▲S.E.A.のロゴ。Sの中にEとAが描かれたデザイン。ソアリンの至る所にこのマークがあるので探してみましょう!

S.E.A.はカメリアが生まれるずっと昔から活動していますが、実はカメリア、女性初のS.E.A.会員なんです! では、S.E.A. についての1問!

ここで、ミュージアムの外観を詳しく見てみましょう! 大きな壁画がたくさんありますね!

▲ミュージアムの中庭にある壁画

ここには、飛行の研究に尽力した実在の偉人が描かれています。 鳥のはばたきを研究してヘリコプターなどの概念図を作成したレオナルド・ダ・ヴィンチや、有人のグライダーを開発し「航空学の父」とも称されるジョージ・ケイリーなど、様々な偉人がいます。

では、ミュージアムの中に入ってみましょう!

ソアリンを外から見た時にドームになっている所は、常設展示場です。

▲「ロタンダ」とも呼ばれるこちらのドーム状の部分が常設展示場

熱気球や巨大な船、象など、世界中の人々の飛行へのイマジネーションや夢が描かれた壁画が建物の中を彩ります。

▲360度、どこを見ても飛行への夢が描かれています。圧巻! 

「日本における飛行」をイメージしたものもこの中にあるのですよ?

ソアリンは、外観にも内観にも、またミュージアム設立の背景にも、たくさんの魅力が詰まっていますね……!

実は、ファンタスティック・フライト・ミュージアムや、このミュージアムの経営母体にしてカメリアが所属する団体であるS.E.A.は、ディズニーシーの他の施設と深すぎる繋がりを持っているのですが、皆さんご存じでしたか?

次のページでは、これらの繋がりについて熱く解説していきます! これを知れば、ソアリンのみならず、ディズニーシーをもっと楽しめること間違いなし! 早速見ていきましょう~!

次ページ:「ホテルミラコスタ」はS.E.A.会員のための施設だった! パーク内を巡りたくなるクイズもあるよ

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

胡桃

慶應義塾大学大学院修士課程1年の胡桃です。心理学を学んでいます。心理学の面白さを伝えられる記事や、日常の中のふとした疑問を楽しみながら解決できる記事を書くことが目標です。写真撮影とディズニーが大好き。記事を通して一緒に楽しく学んでいきましょう!

胡桃の記事一覧へ