QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
ひょうご観光本部

連載「伊沢拓司の低倍速プレイリスト
音楽好きの伊沢拓司が、さまざまな楽曲の「ある一部分」に着目してあれこれ言うエッセイ。倍速視聴が浸透しているいま、あえて“ゆっくり”考察と妄想を広げていきます。

 

小中高と男子校で過ごしたものだから、大学入学当初、女子と行くカラオケで何を歌えばいいかで長らく悩んだ。

高校生のころはLUNA SEA聖飢魔II、興が乗ったら『肉体関係part2 逆featuring クレイジーケンバンド』を流麗に歌い上げたものだが、そのままではダメなことは流石に分かっていた。

大学入学後、私は「見」に回り、様々なことを学んだ。

アジカンかBUMPあたりが無難なこと。LINKIN PARKは上手くても引かれること。みんなが疲れたら『Butter-fly』で回復できること。そして、ほとんどの女の子が『気まぐれロマンティック』を歌えることだ。

多くの男子共を蝋人形にしてきた自分にとって、この曲はあまりにも縁遠かった。可愛らしい雰囲気と覚えやすいダンス、何故か踊れるクラスメイトたちに面食らったものだ。

大学デビューとは、『気まぐれロマンティック』を踊れることと見つけたり

コンタクトの着脱に慣れてきた頃には、私もサビを待ち構えて踊れるようになっていた。

ロマンティックに染まりきれない伊沢拓司

しかし、ダンスは上手く踊れても、心までごまかすことは出来ない。

みんなとぴょこぴょこ踊る中、自分の心を捉えて離さない一節があった。

ダーリン ダーリン 心の扉を 壊してよ

いきものがかり『気まぐれロマンティック』(作詞:水野良樹)

ん? やけに物騒なことを言ってはいないか?

扉をわざわざ「壊し」ているのである。

▲後から怒られないだろうか

そもそもここ、私はよく歌い間違っていた。2番の「心の扉を叩いてよ」とクロスしてしまうのだ。

自分を閉じ込める見栄と乙女心から解き放たれたい、という趣旨であろうが、ほかがキュートなだけに「叩く」くらいの強度がマッチしてるように思える。

なんてったって、人は普通、扉を壊さない。

扉というものはたいてい、ノブだったり引き手がついており、意図を持って鍵をかけない限りは平和裏に開くものだ。つまり、壊すとなるとそれは大概「何者かに閉じ込められた」時である。

▲ならば話が変わってくる

けしからんではないか。逮捕・監禁罪の法定刑は3月以上7年以内の懲役である。

心の話とはいえ、何者かによって閉じ込められた主人公は「飽き飽き」するほどの時間、極限状態だ。なんならリアルな監禁によって心まで縛られた可能性もある。

知らない台詞ことばで解き放して」と言うくらいだから、犯行現場は日本の法治から離れた外国かもしれない。この曲がメッセージであるならば、一刻も早く助けに行くべきだ

そんな行為をはたらいている、犯人は誰か?

 

 

 

歌詞の中の状況証拠から、私はあるひとりの人物にたどり着いた。

 

 

 

 

 

 

それは、フランス王・フィリップ4世である

お待たせしました、伊沢拓司の連載です

次ページ:【そんなまさか】『気まぐれロマンティック』で学ぶ、中世ヨーロッパの政治的事件

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

伊沢拓司

QuizKnockCEO、発起人/東大経済学部卒、大学院中退。「クイズで知った面白い事」「クイズで出会った面白い人」をもっと広げたい! と思いスタートしました。高校生クイズ2連覇という肩書で、有難いことにテレビ等への出演機会を頂いてます。記事は「丁寧でカルトだが親しめる」が目標です。

伊沢拓司の記事一覧へ