QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
[法務省]人権問題は決して、自分以外の「誰か」のことではありません。
PR

こんにちは、服部です。

先月、村上春樹さんの最新作『騎士団長殺し』が発売されて話題となりました。僕は残念ながらまだ読めていないのですが、周囲での評判は上々なので買う機運が高まっています。

日本が誇る世界的作家のこの作品は発売前から増刷がかかり、2巻合わせて130万部以上が発行されました。どこの本屋に行っても、入り口付近を埋め尽くさんとばかりに積まれた光景が目立ちましたね。

これだけ注目され、売れている小説。いったいどのくらいのお金が動いているのでしょうか。

とりわけ、作者の村上さんがどれほど稼いでいるのか、いわゆる「印税」が気になりませんか? さっそくチェックです!

カンタンな解説は、次のページから。

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

Kosuke Hattori

東大経済学部を卒業しました。各記事が学びと発見への新たな入口になればと思います。よろしくお願いいたします。

Kosuke Hattoriの記事一覧へ