QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

こんにちは。ライターのイデです。

まだ朝夕冷え込む日がありますが、体が冷えたときに食べる温かいラーメンやおしるこは格別です。

しかし、寒い日に温かいものを食べると、不便なこともあります。そう、鼻水が出る問題です。

▲箱ティッシュを置いてくれているお店のありがたさ

不快か不快じゃないかの絶妙なラインをついてくる例のアレ。防げるなら防げる方が嬉しい!

対処するには、その現象が起こるメカニズムを理解しなくては。なぜ寒いときに温かいものを食べると鼻水が出るのでしょうか。対処法も実践してみました。

ヒントは急激な温度変化

結論からいえば、温かいものを食べて鼻水が出るのは、(1)体の温度調節機能によるものと、(2)湯気による結露が起こっているためです。

まず鼻には、適度な温度の空気を肺に送り込む役割があります。このため、寒い環境から温かい空気が入ってくると、体は熱を冷まして刺激を和らげようと鼻水を出します。

そしてもうひとつが結露です。温かい湯気が冷たい鼻の中で冷やされて、液体に変わっているのです。夏に冷えたコップに水滴がついたり、冬に暖かい部屋の窓ガラスに水滴がつくのと同じ現象です。

▲鼻水が出る仕組み

鼻から出ているので鼻水ではありますが、水っぽく感じるのは湯気の結露が関係しているようです。

鼻水を防ぐには?ポイントは「温める」

先ほど紹介したように、温かいものを食べて鼻水が出るのは体の正常な反応です。なので、無理に止める必要はありません。でも、少しだけ軽減することはできないでしょうか。

やはりここでもポイントは「温度変化」です。冷えた体に温かい空気が入ることが、鼻水のきっかけになっているのであれば、温度差を小さくすることで軽減できるのではないでしょうか。

つまり、事前に鼻を温めてから温かいものを食べれば、鼻水は出にくくなるはず!

実際に鼻を温めてみた

では、どのくらい事前に鼻を温めていれば鼻水は出ないのでしょうか?

温かい飲み物としてココアを準備して、身近なマスクやおしぼり、そして自分の鼻を使って実験してみました。実験するのは以下の3つのパターンです。

  • 何もしない
  • マスクで鼻を温める
  • 温めたおしぼりで鼻を温める

▲オフェンスのココアです

ちなみに、実験の条件は以下の通りです。ココアを飲んで温まった後も、実験のために再び鼻を冷やします。温めたり冷やしたりしてごめんね、私の鼻。

  • 気温:3度
  • 場所:都内にある自宅のベランダ
  • 毎回の実験前に鼻を冷やす時間:10分
  • 鼻を温める時間:5分

▲寒風が吹く我が家のベランダ

結果は?

何もせずにココアを飲む

【結果】鼻水が出る

予想通りですが、鼻水が出ました。やはり水っぽいのが特徴ですね。鼻先が感覚がなくなるくらい冷たいです。

マスクで鼻を温めてココアを飲む

▲がんばれ、マスク!

【結果】鼻水が出る

マスクがないときよりは顔が温かかったですが、どうやら温めが足りなかったようです。寒空に出てからはや30分。体が冷えきっているので、そろそろ実験を終わらせたい。次のおしぼりに期待しましょう。

温かいおしぼりで鼻を温めてからココアを飲む

▲君しかいないんだ!

【結果】鼻水の量が減る

おしぼりで鼻を覆うように温めてからココアを飲むと、鼻水の量が少なくなりました! 鼻の内側まで温かくするために、鼻の穴まで覆うように温めるのがコツです。

寒空の中、試行錯誤を続けて約1時間。やっと、鼻水を気にせずココアを飲むことができました。

鼻水を軽減できるけど、無理せずに

温かいおしぼりで鼻を覆うように温めると、鼻水の量が少なくなりました。半分目標達成ですね。

とはいえ、鼻水は体の適切な反応なので、無理に止めようとしないことも大切です。

【合わせて読みたい】

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

イデマサト

東京大学法学部4年のイデマサトです。まだまだ未熟者ですが、皆様に面白いと思ってもらえる記事が書けるといいなと思っています。クイズ未経験です。よろしくお願いします。

イデマサトの記事一覧へ