QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
[法務省]人権問題は決して、自分以外の「誰か」のことではありません。
PR

解説

それでは解説です。さまざまな解き方がありますが、ここではそのひとつを紹介します。

前ページ:【解答フォーム】自力で解きたい方はこちらへ! 以下は問題の答えです

今回は私と一緒に解いていきましょう! 長方形の長い方の辺の長さがわかりませんが、どのように解いたらよいのでしょうか?

今回の解き方をまとめた図がこちらです。

ポイントは、「面積が等しい図形」を見極め、活用することです。

この流れに沿って問題を攻略していきましょう!

面積が等しい図形はどれ?

下の図のように、A、Bでない部分の図形をそれぞれC、Dとします。

CとDの関係を知るために、下の図のように扇形の交点を通り長辺に対して垂直な線(赤線)を引きます。CとDは赤線を軸として左右対称であるため、面積は等しいです。

以上より、面積が等しい図形を同じ色で示すと、下の図のようになります。

AとB、CとDのの面積がそれぞれ等しいため、長方形の中にある図形の面積の関係は、A+C=B+Dと表すことができます。

よって、A+CもしくはB+Dの図形の面積を求めることができれば、求めた面積を2倍することで、長方形の面積を求めることができます。

B+Dの面積は、簡単に求めることができそうです!

扇形であるB+Dの面積を求める

BとDを組み合わせた図形に注目すると、この図形は半径が6cm中心角が90度の扇形であることがわかります。

したがって、B+Dの面積は、6×6×π÷4=9πcm2です。

ここまできたら、あと少しです!

長方形の面積は扇形2つ分

長方形の面積は、B+Dの面積を2倍することで求めることができます。

したがって、長方形の面積は、9π×2=18πcm2となります。

答え:18πcm2


図形を上手に利用して、面積を求めやすくできるかがポイントでした!

それではまた次の算数ノートでお会いしましょう!

「ひらめけ!算数ノート」のバックナンバーはこちらから!

【前回の算数ノートはこちら】

【あわせて読みたい】

3
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

鞠乃

鞠乃(まりの)です。建築を学んでいます。東京スカイツリーが好きです。みなさんと一緒にたくさんの「楽しいから始まる学び」を体験していけたら嬉しいです! よろしくお願いします。

鞠乃の記事一覧へ