QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
[法務省]人権問題は決して、自分以外の「誰か」のことではありません。
PR

解説

正解は「芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)」でした。

ヒント1:甘い物好き

芥川は大の甘党でした。とくに「おしるこ」を好んでおり、都内にお気に入りのお店があったそうです。亡くなる直前に書いた随筆『しるこ』では、関東大震災以降、東京で「しるこ屋」が減ってしまったことを嘆いています。また、短編『都会で』でも雪を砂糖にたとえるなど、甘いものに関心があったようです。

ヒント2:ヘビースモーカー

芥川は、ヘビースモーカーであったことが知られています。東京帝国大学の学生時代からタバコをよく吸っており、短編『あの頃の自分の事』では、学校の教室で紙巻タバコを吸っていたことを語っています。

芥川は、タバコをテーマにした作品も残しています。第2作品集の表題作『煙草と悪魔』では、悪魔が日本にタバコを広めたという珍説を繰り広げています。

ヒント3:河童好き

芥川は、生前に好んで河童の絵を描いていたといわれています。1922年に長崎を訪れた際に描いたという『河童図屏風』が、現在でも残っています。

芥川が晩年に書いた小説『河童』は、彼の代表作のひとつです。主人公が河童の世界に迷い込むという物語で、現代社会を風刺した作品とも解釈されます。

芥川の命日である7月24日は、彼が「河童好き」なことにちなんで「河童忌」と呼ばれています。


解説を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。ぜひ次回の「今日の一問 社会編」にも挑戦してくださいね!

【前回の社会問題はこちら】

【ほかの3ヒントクイズもどうぞ】

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

大学院の修士課程に在籍しています。大学ではメディア学を専攻していました。クイズとアニメが大好きです。学びのきっかけになる記事をお届けできるように努めます。

栞の記事一覧へ