QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
B.LEAGUE
PR

施設見学4:国際リニアコライダーの試験機「ATF」

最後に一行がやってきたのは、国際リニアコライダー(ILC)計画を再現したモデル試験器「ATF」と呼ばれる加速器です。

国際リニアコライダー(ILC):加速した電子ビームと陽電子ビームを衝突させる、直線型加速器。ビーム同士の衝突頻度を上げるため、ビームのサイズを極限まで小さくすることが要求されている。

 

▲中央で解説しているのが、案内役の照沼さん

今回紹介する加速器は、SuperKEKBと比較すると小型ですが、性能としては世界一を誇ります。

▲小さくても世界一

実際のILCの直線部分は20kmほどの長さになり、その間に多くの電磁石や超伝導加速装置を配置します。
20km! すげ〜!

▲ちなみに電磁石の色は、研究者によって好きに決めていいそうです

ILCは世界で1つしか作れない

そんなILC計画ですが、ILC自体は、建設コストやビーム精度の向上に限界があるなどの問題で、世界に1つしか作れないとされています。

その建設予定地として候補に上がっているのが、なんと日本

完成すれば世界の研究者が集まってくるとのことです。科学技術大国として、誇りに思えてきます。

▲ILCの完成予想図。岩手県あたりに建設が想定されている

▲須貝 with 加速器

ちなみに、ILCが完成した近未来の日本を舞台とするSF小説集が刊行されています。この記事を読んでILCに興味を持った方は、こちらもぜひ読んでみてください。

見学ツアー終了

ATF加速器の見学をもって、およそ3時間にわたるKEKツアーが幕を下ろしました。

参加者の質問が止まらなかったことに加え、1つ1つの質問に丁寧に回答するKEKの方の熱量がすごく、ツアーは大いに盛り上がりました。

今回の記事で紹介した施設は、KEK全体のほんのわずかです。

KEKは一般の方向けに見学ツアーを実施していますので、本記事を読んで「KEKの研究についてもっと詳しく知りたい!」と思った方は、ぜひ見学ツアーに足を運んでみてください。

▲終わりの挨拶をする須貝

【合わせて読みたい】

5
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ