QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
B.LEAGUE
PR

ふくらPがパズルに夢中になったワケ

――子どもの娯楽といえば、ゲームとかスポーツとかいろいろありますよね。そのなかでもふくらさんがパズルを好きになったのは、パズルのどんなところに魅力があったと思いますか?

ふくら あ〜それは確かに。なんでだろう、パズルが解けたときの快感は魅力ではある気がしますね。むしろスポーツとかにあんまりハマらなかった理由は「できないから」で、できる快感が得られないからっていうのがあると思って。

まぁ、それこそハマると練習してできるようになることもあるから、鶏が先か卵が先かみたいな話なんですけど。

▲「なんでだろうなぁ」

――スポーツといえば、ふくらさんは元バスケ部でしたよね?

ふくら でも、好きで始めたわけじゃないんですよ。小学校のときに仲が良かった子がバスケ部に入るって言うから一緒に入ったのが大きくて。

特に小学生のときは「上手にやらなきゃ」って思い込んじゃっていて、うまくできないから苦手に感じてましたね。むしろ大人になってから、「下手でもいいんだ」って思えるようになって楽になった気がします。

――なるほど。幼いころから成功体験がパズルで得られていたということなんですかね。

ふくら あとは、パズルは「成長がわかりやすい」っていうのが魅力のひとつかもしれない。

僕は定量的なもの(数値で表せるもの)がたぶん好きで、パズルよりもファッションとかスポーツの方がよっぽど頭がいい人向けにあるものだと感じるんですよ。

▲「ファッションとかスポーツの方が頭がいい人向けにあると思う」

――というのは?

ふくら ファッションだと「あっちよりこっちの方がよりかっこいい」とか「よりおしゃれ」ってよくあるじゃないですか。そういうのが僕はめっちゃ苦手で、パズルはクリア(成功)とノットクリア(失敗)の境界がめちゃめちゃはっきりわかるから、それが好きなのかもしれないですね。

だからバスケをするときも「肘が上がってない」って言われてもピンとこなくて。たとえばフォームを1回カメラで撮って、「これは肘が27度を超えているのでできてます」とか言われるんだったらまだわかりやすいんですけど。

▲「じゃあここを何度にすればできるのねっていうのがわかるから」

――そこまで緻密に……。でも確かに「もうちょっと肘を上げて」と言ったとしても、その「もうちょっと」って人によって違いますもんね。

ふくら そうそう。だから僕は単語や数字を覚えるのは得意だけど、「このフォームを覚えて」とか「この味を覚えて」みたいなのはすごく苦手で。

そういう定性的なもの、つまり「ものさし」がわかりづらいものに対しては、僕はそこまでの判断能力がないから、パズルのようなわかりやすいものしか楽しめてないのかもしれない。だから、ファッションとかスポーツが得意な人はすごいなって思ってます。

次ページ:パズルを解くのが好き「でも、もう問題がないから作ってた」

2
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

野口 みな子

QuizKnock編集部で記事の編集をしながら、記事も書きます。記事を通して「知る楽しさ」の入り口を広げていきたいです。インターネットや動物、ポップカルチャーが大好き。大学時代は宇宙物理学を専攻していましたが、星座に詳しくないのが悩みです。名古屋大学の大学院理学研究科卒。

野口 みな子の記事一覧へ