QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
B.LEAGUE
PR

解説

それでは解説です。さまざまな解き方がありますが、ここではその一例を紹介します。

前ページ:【解答フォーム】自力で解きたい方はこちらへ! 以下は問題の答えです

今回は私と一緒に解いていきましょう! 記号がたくさんある割には、与えられた情報が少ないように見えますが……?

今回のポイントは、「1つの記号のみで式を表す」ことです。

連続した整数の組がある場合、そのうちの1つを用いて他の数を表すことができます。

以上を踏まえ、問題を解いていきましょう!

全ての記号をCで表す

まずは上で示した方針に従い、AからEの記号を全てCで表します。

なぜ答えになるEではなくCでまとめるのか不思議に思うかもしれませんが、その理由はすぐにわかります。

もとの式をCで表す

Cで表したAからEを、もとの式に当てはめると以下のようになります。

C-2C+2C-1C+1がそれぞれ1組ずつあるので、足し引きするとC×5=100という式が残ります。

あえて真ん中のCを選んだのは、こうやって計算を簡単にするためだったのです。

以上より、Cは100÷5=20と求められます。EはCより2だけ大きいので、22となります。

答え:22


式の中の記号をうまくまとめることができるかがポイントでした!

それでは、次回の算数ノートでお会いしましょう。

「ひらめけ!算数ノート」のバックナンバーはこちらからどうぞ。

【前回の算数ノートはこちら】

【合わせて読みたい】

2
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

シャカ夫

京都大学大学院に在学中。クイズと毒とホラーが大好き。見るだけで世界が広がるような知識を皆さんにお届けできるよう、日夜頑張ってまいります。

シャカ夫の記事一覧へ