QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
ひょうご観光本部

QuizKnockのYouTubeチャンネルの名場面を振り返る企画「QuizKnock名場面集」。これまで公開された動画のなかで、おすすめのシーンを紹介していきます。

ずっと応援してくださっている方は当時を思い出しながら、最近QuizKnockを知った方はぜひこの機会にご覧ください。

ただの白紙回答ですが

白紙タブラ・ラサ

この言葉が登場したのは、2023年1月29日に公開された動画「ですゲーム 〜生と死の肯定文(アンサー)〜」。間違えたら死んでしまう……のではなく、クイズに答える前に手元にある「です」などと書かれたカードから1枚を選ぶというものです。

▲1枚1度しか使えません

カードは全部で4種類。「かなぁ」と「っぽい」というカードを選べばそれぞれ2点、3点を獲得でき、間違えてもペナルティはありません。

しかし、「だと思う」のカードは正解で5点を獲得できますが、間違えたときには謝罪をしなければならず、「です」のカードは10点を獲得できますが、間違えるとその瞬間脱落となります。

▲「です」ゲームなので

誰も「です」のカードを使うことなく迎えた2問目は「あなたは、10秒以内に、与えられた4つの数字から10を作ることが可能〇〇?」というもの。ルールは通常のMAKE10パズルと同じで、四則演算が基本となります。

これに対し、須貝駿貴、東言、こうちゃんの3人は「だと思う」のカードを、伊沢拓司は「っぽい」のカードを提示します。

▲詳しいルールはこちら

▲伊沢以外は間違えれば謝罪!

ひとり誤答ペナルティのない伊沢は楽しそうな様子ですが、それ以外の3人には緊張が走ります。問題が提示され司会の河村が10秒を数えている間、4人は一言も発することなく問題に向き合います。

答えを順に確認すると、なぜか5を作ってしまった須貝と対照的に、伊沢は10を作ることに成功し確実に得点していきます。

これに続いたのが東言です。真っ白なスケッチブックを見せながら言ったのが「タブラ・ラサ」でした。

▲イントネーションにも注目

タブラ・ラサ:生まれたときの人間の心は白紙の状態だという意味の言葉。イギリスの哲学者ジョン・ロックが思想の中で用いた。

数式を解答すると思っていたところに投下されたまさかの言葉に、伊沢はこらえきれず椅子から崩れ落ちてしまいます。白紙ながらも堂々としたその言い方に「答えみたいに言うなや!」「ジョン・ロックに謝ってほしい」という声がメンバーから上がりました。

その後、「だと思う」カードのペナルティとして求められた謝罪で、言は「ジョン・ロックの思想を理解しておらず申し訳ございません」と頭を下げます。

▲要望にしっかり答えていく

そこに続いた言葉が「掛け算・割り算って発想がなかった」というものです。最初に丁寧な説明があったにもかかわらず、前提が抜け落ちていたというまさかの展開に、伊沢から「それはかなりタブラ・ラサ」とツッコまれる言でした。

よく考えると伊沢さんの「かなりタブラ・ラサ」の方が意味わかんなくないですか?

2問目を終え、全員の手元に残っているのが脱落と隣り合わせの「です」カード。この後の展開はぜひ動画をご覧ください。

▲あの名シーンから再生されます


次回の「QuizKnock名場面集」もお楽しみに!

【おすすめ名場面】

【あわせて読みたい】

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ