QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
[法務省]人権問題は決して、自分以外の「誰か」のことではありません。
PR

QuizKnockのYouTubeチャンネルの名場面を振り返る企画「QuizKnock名場面集」。これまで公開された動画のなかで、おすすめのシーンを紹介していきます。

ずっと応援してくださっている方は当時を思い出しながら、最近QuizKnockを知った方はぜひこの機会にご覧ください。今回紹介するのはあのメンバーの名場面です。

もう言い逃れできなくなった乾の開き直り

「いけないんすか?」

この言葉が登場したのが、2022年9月22日に公開された動画「【東大検証】東大卒なら家庭科も完璧にこなせる説」。知識量が自慢のQuizKnockメンバーが実習もできるのかということを、家庭科の問題を通して検証していきます。

▲ふくらP「自信ある人!」 須貝駿貴・乾「はい!」

3問目は「布にボタンを、縫い付けてください」。ここでのポイントは、(1)玉結び、(2)布とボタンの間を空け、糸を巻き付ける、(3)玉止めの3つの行程を踏むことです。あれほどの自信を見せていたにも関わらず、3人の結果はまさかの全員不正解でした。

▲もう叫ぶしかない

乾の結果は、3つのポイントが全部×バツ。まさかの結果に乾自身も「全部じゃん」とツッコむ始末です。そんななか、乾は「玉結びはしてないけど米結びはしたから!」と主張を始めます。

▲「米結び」の正体が誰もわからない

乾の言う「米結び」はいわゆる「固結び」のことで今回は不正解ですが、乾は「構造は一緒じゃない?」と必死の抵抗を見せます。

▲固結びをすると2本の糸が違う方向を向く

ふくらPが説明する玉結びと固結びの構造の違いを受け止めたかと思いきや、乾が発したのが「いけないんすか?」でした。

▲ダメです。

玉結びが正解だというなら、玉結びを正解たらしめる理由が知りたくなるのは当然。「縫うときは玉結び」という表面的な理解ではなく、玉結びの本質を知りたいのです

そのうえで、やはり「2本の糸が違う方向を向いてしまう」ということの何がいけないのか、全然わかりません

▲乾の探求の旅はまだ終わっていないようだ

ちなみに乾と鶴崎修功はボタンをつけるのに30分以上を要し、ふだんは温厚な司会のふくらPが荒ぶる場面も。ぜひその様子も動画でお楽しみください。

▲須貝駿貴もびっくり

▲あの名シーンから再生されます

「知識はあるけど実習はできるのか」という企画趣旨を体現するようなこのシーンは、2022年12月に募集した「あなたが選ぶQuizKnock名場面」アンケートでもたくさんの票を集めていました。寄せられたコメントの一部を抜粋してご紹介します。

今年1番笑った事柄。「動画での中で1番」ではなく、「生活してる365日の中で1番」笑った。
珍しく荒ぶる福良さんが面白かった。

乾の試行錯誤の様子や他の問題の結果はぜひ動画内でお確かめください。


次回の「QuizKnock名場面集」もお楽しみに!

【おすすめ名場面】

【あわせて読みたい】

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ