QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
[法務省]人権問題は決して、自分以外の「誰か」のことではありません。
PR

QuizKnockのYouTubeチャンネルの名場面を振り返る企画「QuizKnock名場面集」。これまで公開された動画のなかで、おすすめのシーンを紹介していきます。

ずっと応援してくださっている方は当時を思い出しながら、最近QuizKnockを知った方はぜひこの機会にご覧ください。

ただの経験者ではなかった

「小学校1年生の漢字はひと通り変換した」

この名場面が生まれたのは、2022年11月14日に公開された動画「【東大生検証】対策ガチ勢VS通りすがりのクイズ王【予習復習】」です。

漢字の画と画の間で移動した筆の部分を見て元の漢字を当てる、「エア漢字」という企画の第2回です。

▲赤色の軌跡だけを見てもとの漢字を予想します(第1回である「【東大検証】刺繍の裏だけ見ても表の漢字が当てられる説」より)

この企画の経験者初めての人が対戦した場合、果たして経験者は無双できるのかという検証を、第1回で最下位だったとむと、初挑戦の伊沢拓司とこうちゃんでおこなっていきます。

▲2人は初めて、とむは2回目

第1問が出題されると、初めて見るエア漢字に戸惑う伊沢・こうちゃんを尻目に、わずか数秒で正解するとむ。さっそく経験を活かしていきます。あまりの早さに伊沢・こうちゃんは「は?」「どういうこと?」とわけがわからない様子です。

▲2人はまだ漢字に見えてもいない

続く2問目でもとむが瞬時に正解を出し、さすがに経験の差が出て無双するか……? と思いきや、さすがのクイズ王・伊沢はわずか2問でエア漢字の特徴を分析し、逆転に向けて意気込みます。

▲クイズ王の対策

しかし、3問目の問題も出題されてわずか数秒でまたもとむが正解。あまりに早い3連続解答に、伊沢も「いや早いて!」と叫ばざるを得ません。

▲クイズ王もびっくり

第1回では最下位だったとむが、なぜこんなに早く解答できたのか。とむの口から明かされたのは、「事前に小学校1年生の漢字をひと通り変換する」という地道な対策でした。

▲夜遅くまで猛対策

とむが単なる「経験者」ではなかったことを知り、伊沢とこうちゃんは「あー終わった」「先に言っとけ」「今日の優勝は無理」と完全に意気消沈してしまいます。

▲さすがにお手上げか……?

第1回の企画の経験と夜遅くまで勉強した努力が実を結び、ここまでは文字通り「無双」してきたとむ。4問目以降、とむが引き続き無双するのか、それとも伊沢・こうちゃんが一矢報いるのか、この後の勝負はぜひ動画をご確認ください!

実は第1回の翌日に撮影されたエア漢字。予習の大切さやクイズ王の適応の早さもわかる良動画だと思います!

▲あの名シーンから再生されます

次回の「QuizKnock名場面集」もお楽しみに!

【おすすめ名場面】

【あわせて読みたい】

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ