QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
JCPA農薬工業会
PR

解説

正解は「チャールズ・チャップリン(チャーリー・チャップリン)」でした。

▲同一人物です

ヒント1:日本で命を狙われる

チャップリンは1932年に来日しており、5月15日には首相官邸にて、犬養毅いぬかいつよし首相主催による歓迎会が予定されていました。ところが不穏な空気を感じ取ったのか、チャップリンは急遽キャンセル。歓迎会は中止になりました。

本来なら歓迎会が催されるはずだった同日、急進派の海軍将校が首相官邸などを襲撃、犬養毅は暗殺されました(五・一五事件)。もし歓迎会が予定通り行われていたら、チャップリンは命を落としてしまっていたかもしれませんね。

ヒント2:アメリカから国外追放

1950年代前半のアメリカでは、冷戦の影響で共産主義者を追放する「赤狩り(レッドパージ)」が行われていました。『殺人狂時代』などの作品で資本主義を批判したチャップリンは、アメリカから共産主義者とみなされ、1952年に事実上の国外追放処分となります。以後はスイスに移住し、映画とは距離を置いた生活を送りました。

この処分が取り消されたのは1972年、アカデミー賞の授賞式のため、20年ぶりにアメリカに招かれたときです。

ヒント3:「喜劇王」と呼ばれた

チャップリンは20世紀前半に主にサイレント映画で活躍した喜劇俳優で、「喜劇王」と呼ばれました。

機械文明を皮肉った『モダンタイムス』や、ヒトラーを風刺した『独裁者』、空腹のあまり靴を食べるシーンが有名な『黄金狂時代』などの作品で監督・主演を務めています。

▲『黄金狂時代』より


最後まで読んでいただきありがとうございます。次回の「今日の一問 社会編」もよろしくお願いします!

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

Hirotaka

早稲田大学文化構想学部OBのHirotakaです。学士(文学)。2023年3月をもってQuizKnockを卒業しました。2023年4月以降新規の執筆は行っておりません。

Hirotakaの記事一覧へ