QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
ひょうご観光本部

解説

正解は、「チャイコフスキー」でした。

チャイコフスキーは、19世紀後半ロシアの作曲家です。一度は法務省で働く道を選んだものの、23歳でサンクトペテルブルク音楽院に入学し、そこから本格的な音楽活動をスタートさせました。

チャイコフスキーの有名曲といえば、やはりバレエ音楽でしょう。『白鳥の湖』『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』は、3曲合わせて「(チャイコフスキーの)三大バレエ」と呼ばれています。

さて、1つ目のヒントの「ポーランド」「小ロシア」は、どちらもチャイコフスキーの交響曲の副題です。チャイコフスキーの交響曲は全部で7曲(うち1曲は未完成)ありますが、中でもこの2曲はマイナーな作品といって差し支えないでしょう。

チャイコフスキーの交響曲の中で最も有名な作品は、第6番の『悲愴』です。この曲はチャイコフスキーが人生最後に書いた曲で、彼はこの作品をとても気に入っており、出来栄えに自信を持っていたようですが、初演からわずか9日後に亡くなってしまいます。

また、4つ目のキーワードである「1812年」は単なる西暦ではなく、祝典序曲『1812年』のこと。1812年に起きたロシアとフランスの戦いがこの曲のテーマとなっています。『1812年』については、今日の一問・音楽編の第3回で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは、今週はチャイコフスキーの傑作と名高い交響曲『悲愴』でお別れいたしましょう。1時間近くある曲ですので、飲み物片手にゆっくり聴くことをお勧めします。

次週の「今日の一問・音楽編」もお楽しみに。

【前回の「今日の一問・音楽編」はこちら!】

【あわせて読みたい】

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

はぶき りさ

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学別科オルガン専修を経て、同大学音楽学部器楽科オルガン専攻3年。世界で何千年も生き続けている「音楽」という文化に、少しでも興味を持ってもらえるような記事を書けたらと思います。よろしくお願いします。

はぶき りさの記事一覧へ