QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【突然ですが、「シャイニングブルートウキョウ」とは、いったい何の名称でしょう。】

正解は「2020年東京五輪・パラリンピックのボランティアの愛称候補」でした。

2020年東京オリンピック・パラリンピックをサポートするボランティアの愛称について、最終候補の4案が発表されました。

ボランティアは、競技会場などで活動する「大会ボランティア」と、会場外の道案内などに従事する「都市ボランティア」の2種類があります。

最終候補となった4案は、大会ボランティア、都市ボランティアの順で、以下の通りです。

  • 「フィールドキャスト」「シティキャスト」
  • 「ゲームズアンカー」「シティアンカー」
  • 「ゲームズフォース」「シティフォース」
  • 「シャイニングブルー」「シャイニングブルートウキョウ」

この中から、ボランティア応募者による投票で愛称が決定されます。結果の発表は、来年1月下旬になる予定です。

第2問

【2008年の北京五輪・陸上男子400mリレーの日本代表のメダルが、銅から銀へと繰り上がりました。さて、この時の日本代表メンバーは次のどれでしょう。】

正解は「塚原直貴・末続慎吾・高平慎士・朝原宣治」でした。

2008年に開催された北京五輪の陸上男子400mリレーで、日本代表(塚原直貴・末続慎吾・高平慎士・朝原宣治)は銅メダルを獲得しましたが、このほど優勝したジャマイカ代表の選手1名の失格が確定しました。

これにより、日本代表のメダルが繰り上がりとなり、銀メダルとなりました。また銀メダルのメダルセレモニーも、後日行われる予定です。

誤答選択肢の「山縣亮太・江里口匡史・高平慎士・飯塚翔太」は、2012年ロンドン五輪の男子リレー代表です。ロンドンでは、日本代表は4位となっています。

また「山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥」は、2016年リオデジャネイロ五輪の日本代表です。リオでは、銀メダルを獲得しています。

第3問

【日本のエンジニアの方が開発した「IMAKITA」というAIがネット上で話題です。さて、どんなことが出来るのでしょう。】

正解は「長文を3行ぐらいにまとめてくれる」でした。

個人のエンジニアの方が公開した、長文を3行ぐらいにまとめてくれるAI「IMAKITA」が話題となっています。これは、文章を貼りつけて行数を指定すると、長文をその行数の文章にまとめてくれる、というものです。

ネットスラングの「今北産業」(長文を読むのが面倒だから3行で説明してくれ、という意味)をイメージできた方は、正解を導けたのではないでしょうか。

という訳で早速、QuizKnockのとある記事を「IMAKITA」に3行でまとめてもらいました。下の文章が何の記事をまとめたものか、分かりますか?

宇宙人は言うのだ。

ともあれ、「左右」は「S極・N極」を定義をすれば決められることが分かった。

さあ、右を定義しよう。

正解は、この記事でした。みなさん、正解できましたか?

2

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ