QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

どうも、ライターの森田です。

みなさんが子どものころ持っていた「色えんぴつ」には、何種類の色がありましたか?私は小学生のとき、36色入りの色えんぴつを買ってもらい、「こんなにたくさんの色があるのか!」と驚いたものです。

しかしながら、世の中には、さらに多くの色がそろう色えんぴつが存在します。それがこちら!

▲圧巻の500色……!

その名も「500色の色えんぴつ」!

読んで字のごとく、500色というすごい数の色がそろう色えんぴつです。これは毎月20色ずつ、25セットにわたって届くというもの。

しかもこの「500色の色えんぴつ」、驚くべきは色の数だけではありません。全ての色に、まるで詩の一節のような名前がつけられているのです。なかには、もはや「色の説明」を超えているようなドラマチックな色名まで……! こうした個性的な名前が、インターネットなどでもたびたび話題になっています。

まずは、「500色の色えんぴつ」に実際にある色名に関するクイズにチャレンジしてみましょう! 後半では、この個性的な色えんぴつの誕生秘話について取材した様子をお送りします!

こうした個性的な色の名前は、誰がどのようにして考えたのでしょうか……? なぜ、「500色」にしたのでしょう?

ということで、「500色の色えんぴつ」を販売する株式会社フェリシモの方にお話を聞いてみました!

実際に色の名前を考え始めてから、「これは大変なことを始めてしまった……」と思いました(笑)。

一体どういうこと? 詳しくは次のページへ! 「500色の色えんぴつ」の誕生の裏側に迫ります!

次ページ:色の名前はどうやって決めたの? 「ちょっとふざけたい気持ち」が出ちゃった色とは?

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

森田 晃平

東京大学文学部に在学中です。旅・駅・スイーツ・浦和レッズが好き。何気ない日常を切り取るクイズをたくさん作りたいです。よろしくお願いします!

森田 晃平の記事一覧へ