QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
[法務省]人権問題は決して、自分以外の「誰か」のことではありません。
PR

解説

それでは解説です。さまざまな解き方がありますが、ここではそのひとつを紹介します。

前ページ:【解答フォーム】自力で解きたい方はこちらへ! 以下は問題の答えです。

今回は私と一緒に解いていきましょう! 与えられている情報が少ないように見えますが、ちゃんと答えまでたどり着けるのでしょうか?

今回のポイントは、「等しい角度を見つける」ことです。

図形の一部を折り返すと、左右反転した線対称(ある直線を折り目にして折り返したときにぴったり重なる関係)の図形が現れます。

もとの図形と線対称の図形の内角は等しいので、この条件は角度を求めるうえで重要な情報になります。

以上を踏まえ、問題を解いていきましょう!

正三角形の内角に注目

折り返す前の図形は正三角形なので、それぞれの内角の大きさは60度です。そして、下図の赤い三角形青い三角形線対称の関係なので、緑色の角の大きさも60度になります。

正三角形の内角と線対称を考えるだけで、多くの角の大きさが求まりました! あとは目標の角に向かって、ひとつずつ計算していくだけです!

角度を順に計算

下図でオレンジ色で示した三角形に注目します。向かい合った角の大きさは等しいので、与えられた70度の角と向かい合った左上の角は70度となります。また先ほど求めたように、折り返した部分の角の大きさは60度になります。したがって、残った緑色の角の大きさは、三角形の内角の和が180度であることから、180-70-60=50度と求められます。

次に、下図で黄色で示した三角形に注目します。先ほど求めた50度の角と向かい合っている角の大きさも50度になります。また右下の角は、正三角形の内角なので60度となります。

したがって、残った赤色の角の大きさは、三角形の内角の和は180度であることから、180-50-60=70度と求められます。

答え:70度


折り返した後の対称図形に気づくことができるかがポイントでした!

それでは、次回の算数ノートでお会いしましょう。

「ひらめけ!算数ノート」のバックナンバーはこちらからどうぞ。

【前回の算数ノートはこちら】

【あわせて読みたい】

2
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

シャカ夫

京都大学出身。クイズと毒とホラーが大好き。見るだけで世界が広がるような知識を皆さんにお届けできるよう、日夜頑張ってまいります。

シャカ夫の記事一覧へ