QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
UACJ
PR

解説

それでは解説です。さまざまな解き方がありますが、ここではそのひとつを紹介します。

前ページ:【解答フォーム】自力で解きたい方はこちらへ! 以下は問題の答えです。

今回は私と一緒に解いていきましょう! 変わった形をした図形なので、正攻法では面積を求められそうにありませんが……?

今回のポイントは、「引き算を使って面積を求める」ことです。

赤く塗られた図形は、どう補助線を引いても面積を直接求めることはできません。そこで、「足してダメなら引いてみな」です。

描かれた全体の図形の面積から、塗られていない部分の面積を引くことで、目的の図形を浮き彫りにしましょう。今回は、以下のように足し引きすることで、答えを導くことができます。

この図の流れに沿って、順に解いていきましょう!

おうぎ形の面積を求める

まず、以下の図で示したおうぎ形の面積を求めます。

半径16cmで中心角45度のおうぎ形なので、面積は16×16×π×45/360=32πcm2となります。

半円の面積を足し引きする

おうぎ形の面積がわかりましたので、左上にある半円の面積を足し、赤く塗られていない半円部分の面積を引けば、目的の図形の面積を求めることができます。

早速、各半円の面積を求めていきたいところですが、その前に少し立ち止まりましょう。ここで「あること」に気づけば、残りの計算を省略できるんです!

今から面積を足し引きしようとしている2つの半円を見てください。緑色の半円は、黄色の半円を動かしたものなので、どちらも半径は8cmです。つまり、この2つの半円は合同で、同じ面積をもっているのです。

これにより、半円同士の面積の足し引きは±0になります。したがって、目的の図形の面積は、半径16cm中心角45度のおうぎ形と等しいということがわかります。

以上により、求めたい図形の面積は、先ほど計算したおうぎ形の面積と同じく、32πcm2となります。

答え:32πcm2


うまく図形の面積を足し引きできるかがポイントでした!

またの挑戦をお待ちしています!

「ひらめけ!算数ノート」のバックナンバーはこちらから!

【前回の算数ノートはこちら】

【合わせて読みたい】

2
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

シャカ夫

京都大学大学院に在学中。クイズと毒とホラーが大好き。見るだけで世界が広がるような知識を皆さんにお届けできるよう、日夜頑張ってまいります。

シャカ夫の記事一覧へ