QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
NAM
PR

解説

それでは解説です。さまざまな解き方がありますが、ここではそのひとつを紹介します。

前ページ:【解答フォーム】自力で解きたい方はこちらへ! 以下は問題の答えです

今回は私と一緒に解いていきましょう!

この問題を解くうえで重要なポイントをまとめた図がこちらです。

ポイントは「折り返しに着目し、同じ大きさの角度を見つける」ことです。

図形を折り返したとしても、「長さ」や「角度」が変化することはありません。つまり、折り返しにより移動した図形は元の位置にあった図形と全く同じ形、つまり合同になります。

そして合同な図形は、同じ大きさの角度を持っています。このことを意識して、解いていきましょう!

合同な図形に注目する

まず、合同な図形を見つけましょう。

長方形の対角線ACを折り目として、点Dを移動しています。ACは共通であり、AD=AF、CD=CFです。つまり、△ADCと△AFCは合同な図形であることがわかります。

合同な図形において、対応する角度は同じ大きさです。よって、∠DAC=∠FAC(あ)となります。

平行線に注目する

四角形ABCDは長方形なので、辺ADと辺BCは平行です。

平行線における錯角は同じ大きさとなるので、∠DAC=∠BCA(い)となります。

(あ)、(い)より、∠FAC=∠BCAとなります。

あと少し!

ここで△EACに注目すると、∠EAC=∠ECAとなるので、△EACは、EA=ECの二等辺三角形であることがわかります。

EAの長さは5cmですので、求めるECの長さも5cmとなります。

答え:5cm


折り返した図形には合同な図形が現れることを、しっかり押さえておきましょう!

「ひらめけ!算数ノート」のバックナンバーはこちらからどうぞ。

【前回の算数ノートはこちら】

【合わせて読みたい】

2
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

西川

北海道在住の大学院生です。クイズ・記事を通じて自分の知らない世界を学ぶ楽しさを共有していきたいです。趣味はスポーツ観戦で、特にNBAが大好きです。

西川の記事一覧へ