QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
株式会社JERA

QuizKnockのYouTubeチャンネルの名場面を振り返る企画「QuizKnock名場面集」。これまで公開された動画のなかで、おすすめのシーンを紹介していきます。

ずっと応援してくださっている方は当時を思い出しながら、最近QuizKnockを知った方はぜひこの機会にご覧ください。

誰よりも強いはずなのに……

「ふくらアシスト」

この名場面が登場したのは、2020年11月28日に公開された動画「ひらめき並べ替え早押し!【打倒ふくらP】」です。ジャンルや文字数を参考にし、並び替えられた複数の単語から元の単語を当てるクイズに、山本祥彰、乾、ふくらP、須貝駿貴の4人が挑戦します。

▲3つの単語は「佐藤栄作」を並べ替えたもの

1問目は9文字の日本史の人物を答える問題。第1ヒントの「隣」が出ると、この時点でひらめいたふくらPが「源頼通みなもとのよりみち」と答えますが誤答となります。ここでふくらPはミスに気付きました。

▲時すでに遅し

しかしすぐさま山本がボタンを押し「源頼朝みなもとのよりとも」と答えます。いち早く正解を思いついたにもかかわらず、歴史上存在しない「源頼通」と言い間違えたふくらPのミスは、山本にヒントを与えただけになってしまいました。

▲山本にポイントを献上してしまう

続く2問目は10文字の日本史の出来事を答える問題。またしてもふくらPは、第1ヒントの「ハノイ」を聞いてボタンを押し、「桶狭間の戦い」と解答します。しかし、これも誤答となってしまいます。解答後、すぐに答えに気付いたふくらPでしたが、最終ヒントまで聞いた山本が「関ヶ原の戦い」と答えて正解しました。

▲2問連続で山本に答えを奪われるふくらP

またしてもふくらPの誤答に近い単語が正解となったことで、他のメンバーからいったん違う単語をふくらPに言わせて、そこからヒントをもらうという作戦が飛び出します。

▲ふくらPを利用しようとする須貝

さらに3問目、10文字の理科の用語を答える問題では、またしてもふくらPが「冠」を聞いた段階で「硫酸カルシウム」と解答しますが、誤答。今回も最終ヒントまで聞いた山本が「水酸化ナトリウム」と答えて正解し、ふくらPはなんと3問連続で山本にヒントを与えてしまいました。

▲山本が3回正解したということは……

その結果、この企画ではふくらPの誤答をヒントにして他の解答者が答えを出す現象が「ふくらアシスト」と呼ばれるようになりました。

▲(自分が必ず殺される)必殺技

答えとなり得る単語を思いつくスピードはさすがの早さにもかかわらず、凡ミスや運のなさによってヒントを与え続けたふくらP。しかし、その誤答が山本にとってはナイスアシストとなった名場面でした。

とんびに油揚げをさらわれる」の類義語に「山本に正解を攫われる」を加えてください…。悔しい…。

▲あの名シーンから再生されます

次回の「QuizKnock名場面集」もお楽しみに!

【おすすめ名場面】

【あわせて読みたい】

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ