QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
ひょうご観光本部

問題はこちら

前ページ:はじめから挑戦したい方はこちらへ! 以下は問題の答えと解説です

答え&解説

正解は『ダヴィデ像』。モデルになっている人物ダヴィデは、イスラエルの王・サウルに仕えていた青年です。

時は紀元前10世紀頃。イスラエルの人々は、身長3mにも及ぶ巨人・ゴリアテを擁するペリシテ人の軍に追い詰められていました。

ここで立ち上がったのが青年・ダヴィデ。ゴリアテの額に向かって紐で石を投げると、見事的中! ゴリアテは倒され、勢いそのままイスラエル軍はペリシテ人の軍に勝利しました。

このことからダヴィデは英雄視され、後にイスラエルの王となります。『旧約聖書』にも描かれたこの英雄伝は、様々な芸術家の作品の主題になってきました。

ドナテッロのダヴィデ像

▲ドナテッロ『ダヴィデ像』1430~1450年 バルジェロ美術館(フィレンツェ) via Wikimedia Commons Lee M CC BY 3.0

1つ目のヒントで登場したドナテッロの彫刻は、1440年頃に作られたものです。戦いの後のシーンを切り取っています。

ミケランジェロのダヴィデ像

▲ミケランジェロ『ダヴィデ像』1501~1504年 アカデミア美術館(フィレンツェ) via Wikimedia Commons Anon-Crop-Head.jpg CC BY 3.0

ヒント3つ目、有名なミケランジェロのダヴィデ像は、1500年頃に作られました。戦いの前、投石器を手に緊張の面持ちを浮かべたシーンを切り取っています。高さ5mに及ぶスケールで鍛え抜かれた肉体を見事に表現した、盛期ルネサンスの傑作です。

ベルニーニのダヴィデ像

▲ベルニーニ『ダヴィデ像』1623~1624年 ボルゲーゼ美術館(ローマ)  via Wikimedia Commons Burkhard Mücke CC BY-SA 4.0

2つ目のヒントで登場したベルニーニの彫刻は、1600年代に作られました。静かなたたずまいのミケランジェロの作品とは対照的に、石を投げる瞬間を象ったダイナミックな像となっています。

今回取り上げた3つの『ダヴィデ像』は、それぞれ「初期ルネサンス」「盛期ルネサンス」「バロック」の作品であり、それぞれの時代の特徴がよくわかる作品となっています。


ぜひ次回の今日の一問・美術編も楽しみにしてください!

画像出典

・ドナテッロのダヴィデ像:Wikimedia Commons Lee M CC BY 3.0

・ベルニーニのダヴィデ像:Wikimedia Commons Burkhard Mücke CC BY-SA 4.0

・ミケランジェロのダヴィデ像:Wikimedia Commons Anon-Crop-Head.jpg CC BY 3.0

【前回の「今日の一問・美術編」はこちら】

【あわせて読みたい】

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

松井一将

松井一将(マツイカズマサ)と申します。京都大学で美学・美術を勉強しています。クイズもしています。読者の皆さんの人生にちょっとした豊かさを与えられるような記事を書ければと思います。よろしくお願いします!

松井一将の記事一覧へ