QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
ひょうご観光本部

解説

正解は「クリスチャン・ディオール」でした。

▲凛々しい佇まい

ディオールは、フランス出身のファッションデザイナーです。彼ははじめ外交官を志していたそうですが、画廊の経営を経て、1946年にクチュリエ(服飾デザイナー)として独立することとなります。その後、彼のデザインした服は、モード界において一世を風靡したのです。

ブランド「Dior」は現在、ファッションシーンはもちろん、ハンドバッグ、アクセサリー、化粧品など、幅広い分野を手掛けています。

 ▲筆者はDiorが大好きです!

ヒント1:数字の8がラッキーナンバー

「8」という数字は、Diorのラッキーナンバーとして長らく知られています。ブランド創設者のディオール自身がこの数字を好んだそうで、彼の最初のコレクション名「EN HUIT」がフランス語で8を意味することからも、その熱の入りようがわかります。また、メゾンの創設日は1946年10月8日であり、発祥の地のモンテーニュ通りはパリ8区にあります。何かと由縁を感じさせる数字ですね。

ヒント2:「ニュー・ルック」で注目を集める

ディオールは1947年に「ニュー・ルック」を発表します。たっぷりとフレアの入ったロングスカートなで肩を強調した特徴的なデザインは、女性らしい優美さにあふれており、第二次世界大戦がもたらした衣料統制への反動も相まって人気を集めたそうです。以降もディオールは、Hライン、Aライン、Yラインなどといった話題作を続々と発表します。

▲「ニュー・ルック」はこんな感じ。彫刻のようなラインが素敵ですね via Wikimedia Commons shakko CC BY-SA 3.0

ヒント3:世界各地に美しい店舗がある

ディオールの死後もブランドは拡大しています。日本もその例に違わず、昨年(2022年)から今年にかけて開催された「クリスチャン・ディオール、 夢のクチュリエ」展(東京都現代美術館)は大きな話題を呼びました。

各店舗の壮麗さも見どころのひとつ。モンテーニュ通りにあるパリ本店は、2022年3月にリニューアルされ、1万平方メートルの広さを誇る店舗の中には、ブランドの歴史を追うギャラリー、オートクチュールのアトリエはもちろん、レストランや庭園、ホテルなど、さまざまな施設が入居しています。


次週の「今日の一問・美術編」もお楽しみに!

画像出典 ・Dior パリ本店 via Wikimedia Commons Cheng-en Cheng CC BY-SA 2.0 ・ハウス オブ ディオール ギンザ via Wikimedia Commons 江戸村のとくぞう CC BY-SA 4.0

【前回の美術問題はこちら】

あわせて読みたい

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

中川朝子

医学部6年生の中川朝子です。普段は小説を書いたり、美術館を巡ったりしています。中日ドラゴンズの大ファン。文理の架け橋となるような面白い記事を書きたいと思っています。よろしくお願いします!

中川朝子の記事一覧へ