QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
株式会社JERA

解説

正解は「マウリッツ・エッシャー」でした。

▲私がエッシャーです

ヒント1:作品が『少年マガジン』の表紙に

エッシャーが日本で広く知られるようになったきっかけのひとつに『少年マガジン』(『週刊少年マガジン』)があります。「だまし絵」を利用したエッシャーの絵画は、『少年マガジン』の特集の扉絵や表紙に採用され、彼の日本国内での知名度を高めたといわれています。

ヒント2:ハウステンボスが多くのコレクションを保有

ハウステンボスは、長崎県佐世保市にある、オランダの街並みを再現したテーマパークです。ハウステンボスはオランダの文化的作品を多く収集しており、その中にはオランダ生まれの画家・エッシャーのコレクション138点が含まれています。

ヒント3:錯視を利用した絵画

エッシャーは版画を学んでいましたが、スペインのアルハンブラ宮殿を訪れたことで、「幾何学」にのめり込むようになります。

▲アルハンブラ宮殿

精密ながらも目の錯覚を取り入れた絵画を多く残し、永久的に水が流れ落ちているように見える『』や、現実ではありえない階段を描いた『上昇と下降』などの作品を描きました。

▲左側にあるのが『滝』

エッシャーの絵のように、まるで現実に存在するかのようにリアルに描かれた絵のことを「トロンプルイユ」といいます。フランス語で「目だまし」という意味があるトロンプルイユは、ダリなどの他の有名な画家の作品にも用いられています。


次週の「今日の一問・美術編」もお楽しみに!

あわせて読みたい

【前回の美術問題はこちら】

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

和歩

慶應義塾大学商学部4年の和歩です。クイズ研究会に所属。「マーケティングからわかること」を伝える記事や、「明日誰かに話したくなる」記事の執筆を目指して頑張ります。

和歩の記事一覧へ