QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【年末恒例となっている、その年の世相を表す「今年の漢字」。今年の一字は何だったでしょう。】

正解は「」でした。

1995年から続いている、その年の世相を一時で表す「今年の漢字」が、今年も京都の清水寺で発表されました。

2018年の一文字は「」で、西日本豪雨や北海道地震、台風21号など、大規模な自然災害の多かった一年を反映するものとなりました。

「今年の漢字」は公募で決定されるもので、2位には「平成最後の年」「大谷翔平」「平昌五輪」などから「」が、3位には「平成の終わり」「安室奈美恵引退」などから「」がランクインしています。

その他トップ10は上から順に、「風」「変」「暑」「大」「最」「新」「金」となっています。

ちなみに、記事タイトルの「輪」「税」「安」「金」「北」は、2013年から2017年の「今年の漢字」です。

第2問

【12日、新設されることが発表された「ヒューリック杯清麗戦」とは、何の競技の大会でしょう。】

正解は「将棋」でした。

12日、将棋の女流タイトル戦「ヒューリック杯清麗戦」を新設すると、日本将棋連盟が発表しました。女流タイトル戦の新設は、2011年の女流王座戦以来となります。

優勝賞金は700万円で、女流棋戦では最高賞金額。第1回は来年8~9月に行われる予定で、決勝は5番勝負となります。

また通算で5期タイトルを獲得した棋士には、永世称号の「クイーン清麗」が与えられます。

現在、将棋の女流タイトルには「マイナビ女子オープン」「女流王座戦」「女流名人戦」「女流王位戦」「女流王将戦」「倉敷藤花戦」があります。「ヒューリック杯清麗戦」は、7つ目のタイトルです。

第3問

【宮崎駿監督の代表作、『風の谷のナウシカ』が日本の伝統芸能で舞台化されます。「お国」という人物が創始者とされる、この伝統芸能とは何でしょう。】

正解は「歌舞伎」でした。

宮崎駿監督の代表作で今も高い人気を誇る『風の谷のナウシカ』が、新作歌舞伎として舞台化されることになりました。

上演は来年12月になる予定で、主人公の少女ナウシカは尾上菊之助(おのえ・きくのすけ)が演じ、またナウシカと並び人気のキャラクター、クシャナは中村七之助が演じます。

歌舞伎のルーツは、1603年に「お国」という女性が創始した「かぶき踊り」だといわれています。つまり、元々は女性(や少年)が演者だったのですが、時の幕府は「風紀を乱す」という理由で、これらを禁止しました。

そこで成人男性が演じる歌舞伎が始まり、男性が女性も演じるようになります。これが、現在の歌舞伎の原型になったとされています。

誤答選択肢の「義太夫」(義太夫節とも)は、浄瑠璃の一種で、江戸時代に竹本義太夫が始めたものです。

また「落語」は、安土桃山~江戸時代の僧・茶人である、安楽庵策伝(あんらくあん・さくでん)が祖といわれています。

2

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ