QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

【前回までのあらすじ】

出張先で晩ご飯を求め街を練り歩く「私」。えも言われぬ匂いにつられて迷い込んだ路地には、「学名レストラン」なる看板が掛かった古びた店から明かりが漏れている。

好奇心に任せてドアをくぐると、どこの国籍ともつかぬ店主が迎えてくれた。曰く、どこの国の人でも注文できるように、メニューに載っている食材は学名で書かれているのだとか。果たして「私」はお腹を満たして無事帰ることができるのだろうか……。

※学名とは生物を分類する上で用いられる世界共通の名称だ。命名にはラテン語が使われている。例えば「ヒト」は日本語話者にしか通じない名称だが、学名の「Homo sapiens」に言い換えれば全世界で通用する。ちなみに「Homo」の部分は属名、「sapiens」の部分は種小名と呼ばれる。ネアンダルタール人やジャワ原人も含まれるHomo属の中のsapiensという種を指すことができる。


スツールが設えられたカウンターには、一葉のメニューが几帳面に置かれている。

「まずはスープなどいかがでしょうか。」

……そういえばあの店主、日本語使いこなしてたよな。客の母語に合わせたメニュー表を渡すのじゃダメなのか?

ぼやきながら振り返りかえった路地には一点の明かりも無く、何の料理に使われていただろう、ただAllium sativumの香りが漂うだけだった。

関連記事

この記事を書いた人

ソフロレリア

高橋太郎の名でも活動中。博士(農学)。植物の研究をしています。ポケットモンスターと乃木坂46とウイスキーが好きです。

ソフロレリアの記事一覧へ