QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

QuizKnockで働きはじめて3年半が経ちました。未だに「クイズ未経験者です」と言っている山森です。

「クイズ経験者」の基準がわかりませんが、いわゆる大会にも、テレビのクイズ番組にも出たことがないので、きっと未経験者です。

しかし、そんな私にも「思い出のクイズ」が存在します。このクイズと、それに答えた彼女の存在が、今の仕事につながっている――そう言っても過言ではないでしょう。


2017年6月19日月曜日、クイズ番組『Qさま!!』を観ていたときのこと。

その日のテーマは「20世紀の貴重映像」。20人が2ブロックに分かれて予選を行い、各ブロックから5人ずつが決勝へ上がれるルールで、いわゆる螺旋階段と呼ばれる形式だった。

予選Bブロック。「乃木坂46の頭脳派」として出演していたのが秋元真夏さんだ。

真夏さんは、序盤に誤答し一度10位に落ちるも、自らの正解や他者の誤答で7位へと上がっていた。

そんな状況で出題された、映像問題。顔部分が隠された状態で、さまざまな映像ヒントが流れる。

この人物は誰?

1941年 香港 様々な戦場を調査
第二次世界大戦のキャンプ
生涯に4度結婚
ノーベル文学賞を受賞するも式は欠席
本人の貴重な肉声「私は長編小説を書いていて/

辰巳琢郎さんが「チャーチル」と回答するも、不正解。映像が再開する。

「私は長編小説を書いていて/

ヒントが増えていない状態で、真夏さんがボタンを押す。

「……ヘミングウェイ?」

ピンポーン!

「すごい!」「見事、見事!」「これ取るのすごいわ」と周りの歓声。

MCであるさまぁ〜ずの三村さんに「どうして?」と訊かれる。

「乃木坂の歌詞でヘミングウェイって入ってるんですよ。それで調べたことがあって。」

ヘミングウェイを 読みながら 僕はチラ見した

乃木坂46 / バレッタ

学びのきっかけは、意外と身近に存在することに気がついた瞬間だった。

そのとき、ふと思い出した。私も昔、SKE48の『恋を語る詩人になれなくて』を聴いて、「リルケ」を調べたことがあった。

趣味を楽しんでいるなかで、知らないことに出会って、疑問を持って調べてみる。ただそれだけで、学びになるのだ。

その後、真夏さんは、やくみつるさんを倒し決勝進出を決めた。


私はこのクイズがきっかけで、趣味から広がる世界と、その世界にいる自分に気が付き、数カ月後「趣味で学ぶ雑学」というシリーズの最初となる記事を執筆することになります。

過去の「思い出のクイズ」はこちら

関連記事

この記事を書いた人

山森 彩加

東京理科大学卒業生の山森です。在学時は天文研究部でプラネタリウム解説をしていました。三鷹の国立天文台で展示解説をしたり、科学館で解説をしたりもしました。日常のなかに“楽しい”や“おもしろい”を見つけられるような何かを発信していければと思います。学士(理学)。

山森 彩加の記事一覧へ