QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
PR
ひょうご観光本部

解説

正解は『風神雷神図屏風』でした。

ヒント1:この絵の裏に模写が描かれていた

この作品は江戸時代後期の絵師である酒井抱一さかいほういつの代表作『夏秋草図屏風』です。裏面には俵屋宗達のオリジナルではなく、尾形光琳が模写した『風神雷神図屏風』が描かれていました。酒井家はかつて光琳をパトロンとして支援しており、その縁で光琳の『風神雷神図屏風』を知った抱一は、これにインスパイアされる形で『夏秋草図屏風』を描きました。

左側には風にあおられる秋草が、右側には雨に打たれる夏草が描かれていますが、これらはそれぞれ裏側に描かれた風神と雷神に対応しています。すなわち、風神の起こす風に吹かれる秋草と、雷神の起こす雷雨に濡れる夏草という、表裏で一つの作品を成しているのです。

現在この2作品は保存の観点から分離されていますが、どちらも東京国立博物館に所蔵されています。

▲上が光琳による模写で、下はそれをさらに抱一が模写したもの。色味や雲の表現に違いがみられる

ヒント2:東京2020オリンピック・パラリンピック記念貨幣のモチーフ

宗達の『風神雷神図屏風』は、2021年に行われた東京オリンピック・パラリンピックを記念する500円貨幣のデザインに、「日本を代表する芸術作品」として採用されました。

当初、ほかにも「富士山」「国立競技場」というふたつの候補が挙がっていたのですが、これらの3案から1つに絞るために、なんとツイッター(現在のX)の投票機能も使われました。6万を超える投票数の内約43%を獲得し、風神・雷神が採用されることになったのです。いかに日本人から愛される作品であるかが窺えますね。

▲(左)via Wikimedia Commons 財務省 (Ministry of Finance Japan), CC BY 4.0
   (右)via Wikimedia Commons 財務省 (Ministry of Finance Japan), CC BY 4.0

また大会公式エンブレムの最終候補の中にも、風神雷神をモチーフにしたものがありました。風神・雷神の姿をゴールテープを切る選手に、雷神の太鼓を花火に、風神の風袋を虹に重ね、平和や多様性、調和への思いが込められたデザインになっています。

▲右から2列目の二つが風神雷神をモチーフにしている

ヒント3:「琳派りんぱの祖」俵屋宗達の最高傑作

俵屋宗達は17世紀初頭に活躍した絵師。生没年をはじめとして、そのプロフィールの多くが謎に包まれています。彼は中世の大和絵を独自の感覚で復興させ、金箔・銀箔を用いた金銀泥絵きんぎんでいえや、「たらし込み」の技法を用いた水墨画など、様々な様式で活躍しました。この「たらし込み」は『風神雷神図屏風』の雨雲の表現にも応用されています。

琳派とは江戸時代に栄えた装飾画の流派で、上述の尾形光琳が大成させたことからその名がつけられました。幕府の御用絵師だった狩野派などとは異なり、世襲制度や明確な師弟関係が無いのが特徴として挙げられます。このため、光琳の直接の師匠ではないながら、その作風に大きな影響を与えた宗達は、「琳派の祖」と称されているのです。


最後までお読みいただきありがとうございました。ぜひ次回の「今日の一問・美術編」にも挑戦してくださいね!

【前回の美術問題はこちら】

【あわせて読みたい】

4
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

Raven

京都大学法学部卒。「ONE WORD, NEW DOOR」を座右の銘に、皆様が新たな世界への扉を開けるような記事を書くべく努力してきました。よければ覗いてみてください。

Ravenの記事一覧へ