QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

こんにちは、猫派の服部です。

僕が猫派であることは置いておくとして。「犬の仲間なのか、猫の仲間なのか、一見ハッキリしない動物」というのは意外とたくさんいると思いませんか?

大人気アニメ「けものフレンズ」の影響か、動物がよくフィーチャーされているこのご時世。イヌとネコの違いは知っておくと得かも?今回は「イヌ科・ネコ科分けクイズ」です。

イヌ科とネコ科を分ける項目はたくさんあるんですが、ヒントとして代表的なものを挙げるなら「ネコ科の多くは単独で生活する」「ネコ科は木登りするので、爪の出し入れができる」「ネコ科のほうが犬歯が発達している」あたりでしょうか。

いぬねこマスターを目指して、ぜひがんばってください。

※解説部分に動物の画像が出てきますので、苦手な方はご注意ください。

ちなみに、イヌ科とネコ科、および出題した「ハイエナ科」は、いずれも「ネコ目」に属します。

「じゃあネコがネコ目を代表する動物だ!」というと必ずしもそうではなく、もとの英語の「Carnivora」を忠実に訳すと「食肉目」となり、国際的にもこちらが正しいです。

ではなぜ「食肉目」の代わりに「ネコ目」という名前が使われるようになったのでしょうか?

これは、「むかし動物の分類を欧米から輸入するにあたり、人々がわかりやすいよう、日本人にとって"身近"だったネコに食肉目を代表させた」という説が有力なようです。

関連記事

この記事を書いた人

Kosuke Hattori

東大経済学部を卒業しました。各記事が学びと発見への新たな入口になればと思います。よろしくお願いいたします。

Kosuke Hattoriの記事一覧へ