QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン
味の素㈱×QuizKnock 高校生・大学生向けクイズ大会開催決定!
PR

どうもこんにちは、志賀玲太です。

▲著者近影

この度、このQuizKnock Webで個人連載を持つことになりました。こうちゃん高松さんの連載も始まりましたし、Webもここ最近でずいぶん賑やかになってきましたね。

私の連載は月1程度、不定期での更新となる予定です。そしてタイトルは、志賀玲太の「ボツにはさせません」。どうか気長にお付き合いください。

この連載について

さて、私はこれまで記事を書いたり、動画を作ったり、時折動画に出たりといろいろな形でQuizKnockに携わってきました(今更ながら変な会社ですね)。

そして現在は、QuizKnock「編集部」の1人として、日々Webの記事を世に送り出すためにお仕事をしています。

一口に「編集部」といってもやることは様々なんですが、そのなかでも大事な仕事のひとつに「企画を作ること」「企画を監修すること」があります。

記事も動画と同じで、まずは「企画」がなければ何も始まりません。企画だって湯水のように湧いてくるものではないので、いつか降ってくる(と信じている)アイデアに祈りを捧げながら、基本的には地道な努力をすることになります。

元「ラーメンズ」の演出家・劇作家の小林賢太郎さんはモノ作りについて、

0から1は作れないが、0から0.1は作れる。その作業を10回やれば1に、100回やれば10になる

――小林賢太郎

と語っていました。その通り、確かにその通りなんですが、実際には0.1だって作れたら十分でしょう。

QuizKnockの社内SNSには、誰でも思いついた「企画の種」を自由に投稿できるチャンネルがあります。そこには日々、「0.1」になれそうなものが投稿されるのですが、悲しいことにそのほとんどは日の目を見ずに消えていくことに……。

▲私も知りたいよ

しかし、それはあまりに悲しい。

というわけで、私の連載ではそんな社内だったり、私の脳内だったりに日々生まれては消える「記事にするほどでもない何か」を、記事として形にすることを目指していきたいと思っています。

どうにかなれ。てか、なって欲しい。

次ページ:早速今回の企画に移ろう。

1
Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連記事

この記事を書いた人

志賀玲太

志賀玲太です。東京藝術大学美術学部芸術学科を卒業。なんだかよくわからない記事を書きます。大概のことは好きです。

志賀玲太の記事一覧へ