QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【動画配信サービス大手のネットフリックスなどが、新型コロナウイルス対策としてヨーロッパで始めたことはどちらでしょう。】

正解は「配信動画の画質を落とした」でした。

新型コロナウイルス感染症は、ヨーロッパでも猛威を振るっており、感染対策として多くの国で自主隔離などが求められています。

在宅勤務など多くの人が自宅で過ごす時間が長くなることから、インターネットの利用量が大きく増加しているため、EU(ヨーロッパ連合)はインターネット回線への負荷を減らすため、動画配信サービス企業に対して画質を下げるよう呼びかけています。

これに対してネットフリックスやユーチューブなどの動画配信大手は、ヨーロッパで配信されている一部作品について、画質を下げると発表しました。

たとえばネットフリックスでは今後30日間、画質を下げての配信を行いますが、これにより通信量は25%削減されるとのことです。

第2問

【ホクショウマサルの連勝が31でストップし話題となった、帯広競馬場で行われている、重い鉄のソリを曳いた馬による競馬を何というでしょう。】

正解は「ばんえい競馬」でした。

帯広競馬場で行われたばんえい競馬で、連勝を続けていたホクショウマサルが3着に敗れ、地方競馬(各地方自治体が運営している競馬)の最多連勝記録が31でストップしました。

ばんえい競馬(輓曳競馬)とは、馬が重いソリを曳き、山のある走路で速さを競う、北海道でしか行われていない競馬のレースです。

ソリも馬も1トン近い重さになるため、一般的な競馬とはまた違った迫力が楽しめます。

第3問

【アメリカのプロレス団体GCWが新型コロナウイルス対策として行った、プロレス界初の「Social Distancing Match」とは、どのような試合でしょう。】

正解は「対戦相手に触れずに戦う、非接触試合」でした。

アメリカのプロレス団体、GCW(Game Changer Wrestling)が、新型コロナウイルス対策として、プロレス界初の「Social Distancing Match」を行いました。

まず「Social Distancing」(ソーシャル・ディスタンシング)という言葉ですが、日本語では「社会的距離」や「社会的距離戦略」と訳されます。

これは感染症の拡大抑制のため、必要不可欠なものを除いて可能な限り人との接触を避け、感染の機会を減らすことで、流行のピークを小さくしその時期も遅らせようという戦略を指します。

新型コロナウイルス対策としてアメリカでは特に重視(他国もそうですが)されており、トランプ大統領も自身のツイッターで複数回、「Social Distancing!」と呼びかけています。

さて「Social Distancing Match」の内容ですが、無観客で行われ、マスク姿のレフェリーが試合を進行します。

選手は、離れた状態のまま”握手”を行い試合開始。常に1〜2mほどの距離を保ちながら、対戦相手に一切触れずに技の応酬が行われました。

パイプ椅子による攻撃では、選手が自ら椅子を除菌したのち、対戦相手に叩きつけるという念の入れようです。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ