QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【10日、北朝鮮で最高人民会議(日本の国会に相当)の代議員選挙が行われました。さて、その投票率はどれくらいだったでしょう。】

正解は「90%以上」でした。

北朝鮮で10日、およそ5年に1度行われる、最高人民会議の代議員選挙がありました。日本でいえば、衆議院や参議院の議員選挙に相当します。

選挙の投票率は、同日午後3時の時点で92.35%に達するという、高いものになりました。ちなみに前回(2014年)行われた同選挙の最終的な投票率は、99.97%でした。

北朝鮮の選挙制度は形式的には小選挙区制ですが、各選挙区の候補者は1名のみの、信任投票となっています。一応、候補者に対し不信任票を投じることも可能なようですが、基本的に候補者は100%の信任を得ることになります。

選挙権は17歳から与えられます。投票を棄権すると反体制派として処罰されるため、国外にいる人を除けば必ず投票することになります。

北朝鮮の国名の日本語表記は「朝鮮民主主義人民共和国」、英語だと「Democratic People's Republic of Korea」ですが、形式的とはいえ「選挙」というプロセスを経ていることで、「民主主義」を名乗っているといえるでしょう。

第2問

【最新の世界ランキングは1位の桃田賢斗選手が、全英オープンの男子シングルスで優勝しました。さて、この競技は次のどれでしょう。】

正解は「バドミントン」でした。

東京オリンピックでもメダルが期待される、バドミントン男子シングルスの桃田賢斗(ももた・けんと)選手が、全英オープンで優勝しました。

全英オープンの男子シングルスで日本人選手が優勝したのは、史上初の快挙となります。

バドミントンの全英オープンは、1899年に第1回大会が開催された、歴史のある大会です。現在でも、オリンピックや世界選手権などに次ぐ、グレードの高い大会に位置付けられています。

第3問

【世界最大級のドッグショー「クラフツ」で優勝した、別名バタフライ・スパニエルとも呼ばれる、フランス原産の犬種は何でしょう。】

正解は「パピヨン」でした。

イギリスのバーミンガムで、世界最大級のドッグショー「クラフツ」が開催されました。これは1891年から始まった歴史ある犬の祭典で、毎年2万匹以上の犬と、10万人以上の客が訪れます。

ショーの見どころとなるのは様々な犬のコンテストで、最高賞となる「ベスト・イン・ショー」には、パピヨンの「ディラン」くんが選ばれました。

パピヨンはフランス原産の小型犬で、が羽を広げたような耳の形が特徴的です。「パピヨン」(Papillon)の名も、フランス語で蝶という意味です。

中世のヨーロッパ貴族が多く好んだ犬種で、中でもマリー・アントワネットはパピヨン好きだったことで知られており、一説には処刑台の上にまで愛犬のパピヨンを連れて行った、ともいわれています。

ちなみに、誤答選択肢の「チャウチャウ」の原産国は中国、また「ボクサー」の原産国はドイツです。

2

関連記事

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ