QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

私はオオカミが好きだ。生涯の最終目標はオオカミになること。オオカミの群れで、その一員として暮らしたい。どうも、永岡です。

そんな私は陽が沈みだしてから活動のピークを迎える。今日も夜中にたくさん原稿の進捗を生む算段だ。

不意に外へと目をやる。微かな窓明かりと凛とした満月の光。オオカミに憧れる身としては、やはりこんな夜は遠吠えしたくなる。その昔もよく、街灯も人気もない真っ暗闇の帰り道で遠吠えをしていたものだ。

ベランダに出る。静寂。生温い空気を吸い込み、喉を震わそうとした刹那、獣としてではなく人間としての自分の意識が舞い戻り、ふとこんな疑問を浮かべたのだった。

人狼が満月の夜に変身するのって、なんで?

このモヤモヤを抱えたままオオカミにはなれまい。早速「人狼が満月の夜に変身する」逸話について調べてみた。どうやら「満月で変身する」というイメージが広まったきっかけと考えられるのは20世紀以降の映画産業とされているらしい。

目次

映画産業における人狼
 ・映画で広まった「満月で変身する人狼」
 ・満月で変身する、最初の描写を探す
世界にあまねく人狼伝承
 ・そもそも「人狼」って何者?
 ・古の人狼はどうやって変身したか

映画で広まった「満月で変身する人狼」

「ヒトがオオカミになる」といえば、皆さんの頭に思い浮かぶのはやはり、今や正体隠匿型ゲームの代名詞となった「人狼ゲーム」だろうか。

▲「人狼」と名のつく正体隠匿型ゲームの例

しかし、少し歴史をさかのぼると、ハリウッドに数多あるホラー・パニック映画において人狼は、フランケンシュタインやドラキュラなどと並び、ポピュラーな題材として扱われていた。

とりあえず、手当たり次第人狼映画を観あさってみよう! このとき、「オオカミへの変身の描写」に注目して観てみることに。ちなみに私はホラーが苦手だ。だがオオカミになるためなら致し方ない。

どの作品も変身に満月が関わっていると言えそうだが、仕様は作品によって微妙に異なることがわかる。

満月で変身する、最初の描写を探す

1913年、世界初の人狼映画『The Werewolf』が公開された。フィルムが現存する最古のものとしては『倫敦ロンドンの人狼』(1935年)がある。『倫敦の人狼』の人狼は、「設定上では満月の夜に変身する」「人と獣をハイブリットした姿」と、我々の考える人狼の姿に近い。

人狼映画の傑作として現代に根づく人狼観を確立したのはジョージ・ワグナー監督の映画『狼男』(1941)とのこと。主人公のラリー・タルボットは狼男に胸を噛まれたことによって自身も狼男となり、夜な夜な変身しては人間を襲うというホラー映画だ。主人公を演じるロン・チェイニー・ジュニアにはインパクトのある特殊メイクが施されている。

この『狼男』を満を持して観てみよう。

アマプラにあったのでさっそく観る

しかし実際に観てみると、作中では「満月で変身する」という描写が出てこない。町人が口ずさむ人狼にまつわる詩には「トリカブトの咲く月夜に狼にならんことを」とあり、むしろトリカブトが変身のトリガーとなっている描写すらある。

さらに調べてみると、この作品には続編があるらしい。どうやら、よりリアリティのある狼男への変身を描こうと、ハリウッドでの「人狼熱」は加速していったようだ。同キャストで制作された続編『フランケンシュタインと狼男』(1943)を観てみよう。

前作とうってかわって星2

……満月によって変身する描写が存在する! 何より狼男本人が「満月の夜に変身する」と言っている! 言質を取った! 心なしか前作で登場した詩の文言も変わっている気がする。

どうやら作品を重ねていくうちに設定の変更がなされ、満月がトリガーとなって変身するという演出が主流となり、定着していったと考えられそうだ。「人狼が満月で変身する設定」が広まる分岐点が、まさしくここにあると考えられる。

※ところで先にあげた『倫敦の人狼』(1935年)など、『狼男』(1941)よりも古いものは試聴できるサービスやビデオが見つかりませんでした。試聴する手段がある方はどんな変身シーンだったか情報をお寄せください。お待ちしています。

次ページ:そもそも「人狼」って何者?

1

この記事を書いた人

永岡 優

神戸大学工学部4回生。ジャンル「オオカミ」で「超逆境クイズバトル!!99人の壁」に出演するなど。日常に溢れる教養を楽しく共有していければと思います。

永岡 優の記事一覧へ